まちナカ marché

マルシェでつなぐ

まちナカmarché

住宅街の中の小さなマルシェ

 

小さな規模でも、確かなヒト・モノ・コトが循環する場づくりの一環として、マルシェ事業を行なっています。

コンセプトは「ヒトとヒトが出会う場所」

ツクリテの顔が見えるプロダクトを楽しむことはもちろんのことですが、インターネットがインフラとなった今、私たちはヒトとヒトが確かに出会い、コミュニケーションを取るという「環境・機会」を作る必要があると考えました。

ネットでなんでもすぐできる時代。ヒトとのコミュニケーションはもはや必須事項ではありません。

だからこそ、便利なこともたくさんありますが、それだけでは無機質で、面白みのない世の中になってしまいます。

ヒトとヒトがコミュニケーションを取り、新たな価値観、新たなコンテンツが出来上がることこそが現代社会において必要なものではないかと思うのです。

 

私たちがなぜマルシェをやるのか

 

これまで私たちは、オフラインメディアとしての「店舗事業」と、オンラインメディアとしての「メディアRURAL」のハイブリッドを活用し、人々のライフスタイル・ワークスタイルを提案してきました。

そんな中でも、日々の生活を彩る、ライフスタイルの提案としての「小規模マルシェ」は、新たなまちづくりの基盤となるような要素を持ち合わせていると考えています。

休日に少し外に出ると、マルシェがある。新鮮なお野菜や、体に優しい自然食品などを、ツクリテからの説明を受けながら、購入し、それが地域の日常となる。

そんなマルシェをまちのコンテンツとして開催することが面白い。

私たちはそう信じて、これからもまちナカmarchéを開催し続けます。

 

事業概要

事業名称 まちナカmarché
事業担当者 小島大空
主要開催場所 RURAL COFFEE
Facebook https://www.facebook.com/%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%83%8A%E3%82%ABmarche-104385805095937
Instagram https://www.instagram.com/machinaka_marche/